規則で縛るのではなく、考える力を育む



ブログ村に参加しました


応援クリック

どうぞよろしくお願いいたします



ディーパック・チョプラ博士ご夫妻が

子供たちが生まれて間もない頃から

直感的に行ってきた子育てとは……



ディーパック・チョプラ博士の著書より

抜粋させていただきます。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


子供を罰しなければいけない、と感じたことは一度もありません。


ただし、失望したり、腹を立てたり、傷ついたときは、そのことを子供に正直に伝えました。


規則で縛るのではなく、考えさせる、それが私たちの教え方です。


.



しあわせな一生を生きる上で

愛のある人間関係を築くこと

は重要です。


愛のある人間関係を築くには

相手の氣持ちをわかろうとすることや

自分自身の真心を感じ入ることが

欠かせません。




子ども時代に

「間違ったら罰を与えられる」

「正しければ褒美を与えられる」

という習慣が身についてしまうと


相手の氣持ちをわかろうと努力することや

自分自身の真心を感じ入ることは

なおざりにされ

考える力が養われません。




失敗や心の傷は

愛情や思いやりを育むためにも

必要な経験であり


大事なステップ・・



人間の精神は

一生すくすく成長するから..:。*゚



子どもが自分自身を信頼できるためにも


愛のある家庭を築くための日々の努力を

怠らないでいたいです。



0コメント

  • 1000 / 1000