自分らしくいられることが、この世の中で一番たいせつなこと



ブログ村に参加しました


応援クリック

どうぞよろしくお願いいたします



ディーパック・チョプラ博士ご夫妻が

子供たちが生まれて間もない頃から

直感的に行ってきた子育ての基本とは……


ディーパック・チョプラ博士の著書より

抜粋させていただきます。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


何かができることではなく、自分らしくいられるということが、この世の中でいちばん大切なことです。


だから、社会に出て立身出世するように、というようなプレッシャーを私たちは子供に与えませんでした。


.



「何かができること」

「何かができないこと」

にとらわれたり執着してしまうと


今のしあわせに満足する

よりも


未来に結果を出せたら 

そのときに

しあわせになれる

という価値観で

自分や子どもを観るようになりがちです。




「今の自分には何かが足りていない」

「今の自分のままではダメだ」

「今の現実には不満がある」


という自己否定や不平不満は

エゴの価値判断です。




「何かができること」によって

自分はしあわせでいられる


「何かができること」によって

子どもがしあわせでいられる


という思考から

いったん離れてみる。。。




.:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜


これができなくても

あれができなくても


こんなに認められている

素晴らしい自分じゃなくても


うれしくて

たのしくて

しあわせをかんじられる瞬間



幼子のように

自由に愛を表現しあえる瞬間



「自分らしく」あろう

なんていう思考は蚊帳の外



魂から湧いてくる

純粋な愛と情熱や

無邪気に表現するよろこびを

たいせつにしている瞬間



そんな

自分らしくいられる瞬間

をたいせつに生きることが

自分や子どもを無条件に愛すること。



この世界でたった一つの人生で

たった一つのよろこびの瞬間を

たいせつに..:。*゚



生まれてきてくれて ありがとう

. 出逢ってくれて ありがとう All is LOVE ♡

0コメント

  • 1000 / 1000