後悔も罪悪感もない生き方



ブログ村に参加しました


応援クリック

どうぞよろしくお願いいたします



悔いなく生きることについて

OSHOの著書より

抜粋させていただきます。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧



 死は何も破壊しない。肉体は塵だ。塵になって消える。しかし意識には二つの可能性がある。それは、もしそれが望むなら、もう一つの別の子宮の中に移行する。あるいは、もしすべての欲が消えていれば、それは存在の子宮、つまり永遠に移行する。破壊されるものは何もない。肉体は再び地球の一部になって休息に入り、そして、魂は宇宙の意識の中に移行するか、もう一つの肉体の中に入ってゆく。


 しかし、あなたは泣き叫んで、何日もの間悲しみをひきずる。それは単なる形式だ――あるいは、もしそれが形式ではないならば、あなたは死んだ人を愛していなかった可能性があり、そしてあなた今になって後悔しているのだ。あなたはその人を全面的には愛してはいなかった、そして今はもう手遅れだ。今、その人は消えてしまった。もう、彼らは決してもどって来ない。(中略)


 もしあなたが一瞬一瞬を全力で生きていれば、決して後悔はなく、罪悪感もない。もし、あなたが、全力で愛してきたのなら、何の問題もない。ある日、もし恋人が去ったら、それは、私たちの道が分かれたというだけのことだ。私たちはさよならを言うことができるし、お互いに感謝することもできる。私たちは沢山のことを分かち合った、私たちは沢山愛し合った、わたしたちは互の人生を沢山豊かにした――泣くことはない、そして、どうして惨めになるのだろうか?


.



人間はエゴが邪魔をするために

目の前の人を全力で愛せないことがある。



全力で愛することを邪魔する最大のエゴは

愛する者を失う恐れではないだろうか。



恐れにとらわれた心には

いつも未来への不安がつきまとい

いつも目の前の現実に不足を感じる。



エゴの口癖は

「このままでは十分ではない」


このままの自分では

このままのあなたでは

ナニカが不足している。



もっとしあわせな未来があるはず……


そのためには

もっと改善すべき

もっと努力すべき

もっと愛し愛されるべき……


エゴの欲求は常に

条件付けられた幸福を

条件付けられた愛を

求めている。



そのため

エゴの声に翻弄されていると

純粋な愛を見失う。


「全力で愛する」とは

見返りを求めない純粋な愛なのだろう。



:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜



たいせつな人を

全力で愛することができなかった後悔で

子ども時代から何度も苦しんで来た。



残りのいのちを

どんなふうに生きたいのか?


はっきりとわかった。



エゴの恐れにとらわれずに


目の前の人を
「全力で愛する」


今この瞬間瞬間を
「全力で生きる」




生まれてきてくれて ありがとう

. 出逢ってくれて ありがとう All is LOVE ♡

0コメント

  • 1000 / 1000