未来について空想して苦しくなるのを終わらせる



ブログ村に参加しました


応援クリック

どうぞよろしくお願いいたします



時間と思考の関係について

わかりやすく解説されている

OSHOの著書より

抜粋させていただきます。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


どうして私はいつも未来について空想してしまうのでしょうか?


 それは誰もがやっていることだ。そのような人間のマインドは、白日夢を見る道具だ。マインドを超えない限り、あなたは白日夢を見続けるだろう。マインドは今という瞬間には存在できない――それは過去か未来にしか存在できない。マインドには今に生きる方法がないのだ。現在にいるということは、マインドなしにいることだ。


 試してみなさい。もし、あなたの存在、あなたの意識に思考が横切らない静寂な瞬間があれば――意識のスクリーンが全く曇っていない時――そのとき、突然、あなたは今にいる。それがその瞬間、本当の瞬間――現実の瞬間、真実の瞬間だ。そして、そのとき、過去も未来もない。


 通常、時間は3つの時制に分類される。過去、現在、未来だ。この分類は基本的に誤りであり、非科学的だ。なぜならば、現在は時間の一部ではないからだ。過去と未来だけが時間の部分だ。現在は時間を超えている。現在は永遠なのだ。


 過去と未来は時間の一部だ。過去はすでにないもの、そして未来はまだきていないものだ。両方とも現存しない。現在は今存在しているものだ。現存するものは、現存しないものの部分とはなりえない。それらは決して出合わず、それらは決して交差することはない。


 そして、時間はマインドだ。蓄積された過去があなたのマインドなのだ。


(中略)


 マインドは言う、「そう、過去は良かった。だが、過去は終わり、それをどうすることもできない。未来については何かすることができる。未来はまだ来ていないからだ」そして、あなたは過去の体験の中から再び繰り返したい体験を選び、とても惨めでつらかった体験、将来繰り返したくない体験を落とす。あなたの未来の白日夢は修正された過去に他ならない――よりうまく整えられ、よりきれいに飾られ、より気持ちよく、苦痛は少なく、より楽しいものに修正したものだ。あなたのマインドはそれをやり続け、このようにして、あなたは現実を見逃し続ける。


.



つらかった過去を

思い出しては苦しみ…


未来に苦難が起こることを

想像しては苦しみ…


常に自分の思考の中で

もがき苦しんできました。



この数年は

パニック発作の状態に

おちいることからも

だんだん解放されてきました。




未来について空想して

苦しくなるのを

終わらせるためには・・


「自分がいま苦しんでいるのは

自分が自分の思考の中で溺れているような状態なんだ」


という認識を持つことが必要です。




パニックになりそうなとき

とにかく

ひたすら

思考と自分を切り離そうとしてきました。



そのためには

・思考を見つめる

・思考を俯瞰する

・思考を観察する



すると観えてくるのは


恐怖や不安や心配や自己嫌悪や罪悪感…

それを考えているのは

思考で


それらの思考を俯瞰する存在が

意識。



思考に支配されていない瞬間は

とても静かで平安で

いま在ることに深い喜びをかんじる。



だから


・慌ただしい日常の中の不満

・過去のしがらみ

・未来への不安


そこから解放される瞬間は

心身ともに和やかにゆたかに生きてゆく上で

とてもたいせつだな…

とかんじています。




思考に囚われて苦しくなったときには


・お皿を洗いながら流れてゆく水を感じたり

・髪を洗ったり

・音楽に集中したり

・歩く一歩一歩に集中したり

・お日様の光を観たり

・お日様のぬくもりを感じたり

・風を肌や呼吸で感じたり

・ゆっくりと深呼吸したり


とにかく

今のリアルな現実の瞬間瞬間を

感じてみる…

といいと思います。




そうしているうちに


・リアルな現実

・リアルな感覚


・過去や未来に対して思考

・自分や他人に対しての思考


とがはっきりと切り離されていきます。



「リアル」は

「思考」とはまったく別だ

と氣づけば

今をたいせつに生きる意味が

明確になってきます。



今この瞬間に存在している喜びを

リアルにかんじて生きよう♡



生まれてきてくれて ありがとう

. 出逢ってくれて ありがとう All is LOVE ♡

0コメント

  • 1000 / 1000