‘‘愛情” を肌で感じる環境の中で、心がのびのび育つ



ブログ村に参加しました


応援クリック

どうぞよろしくお願いいたします



ディーパック・チョプラ博士の
 ‘‘スピリチュアル子育て” 
を学んできましたが……


なかなか思うようにならない毎日。。。



あらたな氣持ちで

目の前の子どもたちを見つめ

接していきたいと思います!



ディーパック・チョプラ博士の著書より

抜粋させていただきます。



୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧


 心を育てること、つまり子育てというのは、単に日常的な振る舞い方を教えるよりもはるかに意味深い、人の精神的な部分について伝えることなのです。


 精神が何を意味するかを教えるもっとも簡単な方法は、それを ‘‘愛情” として肌で感じ、呼吸できるような環境をつくることです。


赤ちゃんを授かるのは、このうえない恵みであり、幸せです。(中略)


子供は純粋であるからこそ、‘‘愛” や ‘‘真実” といったレッスンをとても手厳しく親に教えてくれます。


絶対的な愛のもとに子供を育てていなければ、何を教えても無駄です。


子供のうちは言うことを聞いていますが、大人になり親の目がなくなれば、すべてを放棄してしまうでしょう。


.


子どもたちが生まれてきたとき


「生まれてきてくれて 

 ありがとう!」


と全身全霊で歓喜し

無条件に愛おしく感じた。




だけど成長するにつれ……


日常生活の中で

駄目なところが目に付いて

イライラしたり


「もっと こうすべき」 

「もっと こうあるべき」

と要求や禁止や命令が増えていく。




ほんとうは


子どもだって

大人だって

制限されたり

縛られたりしないで

のびのびと

愛し愛されたいのにね。。。



生まれたての純粋な愛を

見失わずにいたい。



今 一緒に生きているあなたたちの

ひとつひとつのしあわせを

もっと

たいせつにしよう!



生まれてきてくれて ありがとう

. 出逢ってくれて ありがとう All is LOVE ♡

0コメント

  • 1000 / 1000